浅野国際特許事務所ホーム事務所案内 >関連組織

関連組織


 ■ 浅野国際特許事務所附属 国際知的財産戦略研究所(IIIS)

設立年月  2004年8月
概要 我が国最初の知財に関する特許事務所附属研究所です。
 日本経済団体連合会 知的財産部会長や、東京理科大学専門職大学院 総合科学技術経営研究科長・知的財産戦略専攻教授文部科学省 科学技術・学術審議会臨時委員など、産学官の重責を歴任し、知財経営に関し豊富な知見を有する石田正泰を中心に、顧客の皆様に充実した知財戦略および知財経営に関するコンサルティングを提供しております。
 国際知的財産戦略研究所は、『トータルブランドプロデューサー』として企業の知財をトータルにバックアップする浅野国際特許事務所の象徴的な組織です。
設立経緯  1974年の浅野国際特許事務所創立当初より浅野勝美は、特許や商標などの単なる権利化自体(出願)を目的とするのではなく、その戦略的活用(契約)を視野に入れた権利の取得を目的とし、その適切な権利行使(訴訟)を掲げておりました。
 そして、浅野卓がその考えを発展させ、@知財体系すべてについての出願・契約・訴訟を網羅した弊所設立以来のノウハウを活用した知財コンサルティングに、A事業経営に資する形での知財の創出、B権利化以外の方策を含む知財の保護、C当該知財の事業への展開のバックアップを加えるべく、吉祥寺の新所屋に国際知的財産戦略研究所を開設しました。 
 ■ 浅野特許グループ ABCエキスパート(ABCX)

設立年月  2011年3月 
概要 アグリビジネス(A)、ブランディング(B)、コーディネーション(C)を専門とするコンサルティング事業です。
 代表の浅野卓が、農林水産省関東農政局から6次産業化プランナーに選定されたことを契機に、現在の「ABCエキスパート」に名称変更。その後、6次産業化中央サポートセンターの6次産業化プランナーJA全中アドバイザーを受託するなど、農商工連携・6次産業化植物新品種・地理的表示をはじめとする農水知財のフロントランナーとして活躍しております。
設立経緯 東日本大震災直後、我が国経済の早期の再生・復興を図るには、原点に立ち返り、それぞれの地域経済の中核をなす地元の農林漁業と商工業を立て直し、さらに、地元の農林漁業と商工業の連携(いわゆる農商工連携または6次産業化)により地域経済を活性化させることが何よりも重要と考えた浅野卓によりABCエキスパートは設立されました。
 浅野国際特許事務所は、創立当初より植物特許・植物新品種(種苗法)の保護を手掛けており、その農水知財についての伝統を受け継ぐものとして、2015年4月、ABCエキスパートは、浅野特許グループに参加しました。「ABCエキスパート」は、浅野卓の登録商標です。
 ■ 有限会社アポ

設立年月  1992年8月 
概要  浅野国際特許事務所および浅野特許グループのバックヤード業務、浅野特許グループが保有する知財の管理を担う会社です。
■浅野国際特許事務所:出願、訴訟、契約、評価■国際知的財産戦略研究所:知財情報収集・分析、知財戦略立案■ABCエキスパート:農水知財、ブランド育成、新事業創出、ビジネスモデル構築




up